動き自由自在VR!Omni Oneが生むVRフィットネスが筋トレも一新!?

まずはこちらをご覧ください。

室内で、全身運動できています…

VRで歩ける「Omni One」。すごいです!

VRはいつのまにかココまで来ているわけです。室内なのに、歩く・走る・しゃがむ・飛び跳ねるなんでもあり。

Omniシリーズを手掛けるVirtuixは資金調達も順調。期待大

このVR内歩行デバイス「Omni」シリーズを手掛けるVirtuixは株式投資型クラウドファンディングで1,269万ドル(13.8億円)を既に集めています(2021年3月18日現在)。

資金調達も順調ということで実現性も高そう。

フィットネススタジオやジムのあり方も変える!?

筋トレ(wikimediaより)
筋トレ(wikimediaより)

また このページで比較されているように、室内フィットネスバイクのPeloton(ペロトン)も同じような価格。

なのに、歩く・走る・しゃがむ・飛び跳ねるという風に動作の自由度はPelotonよりも遥かに高いわけです。VRコンテンツとしてのVRフィットネス」を開発さえすれば、ウォーキングやランニングはもちろん様々なワークアウトへの展開ができそう。

個人導入でも、スポーツやトレーニングを趣味とする層の趣味への投資額を考えるとOmni Oneの想定価格である20万円は高くはなさそう。

フィットネスやジムを経営する法人にとってはどうでしょう? 実は、2006年以降フィットネス市場の伸びは緩やかです。

筋トレトレーニーが通うフィットネスクラブ 売上高合計
フィットネスクラブ 売上高合計

限られた店舗面積でも新しいフィットネス体験を提供できる「VRフィットネス」は市場の停滞を変革するキラー商材となる可能性もあるかも知れません。

筋トレ好きとしてひと言w

ただ、筋トレトレーニーのひとりとしては「ワイヤーで脚へ負荷をかけられれば筋トレの新境地も切り開けたのに」という思いはありますw

宅トレ定番のダンベルだけでは脚トレは難儀するので…。

「マスクを付けた状態でのジムでの筋トレがつらい」という状況下。Omni Oneで筋トレが楽しめるようになるならば20万円を出す筋トレトレーニー続出の予感もあります。

最後までお読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、この下の[LINE友だち追加]を押していただけるとうれしいです。100歳でもひ孫と遊べるカラダづくりに役立つ情報を無料でお届けします。

公式アカウントを友だち追加

太田祥平@ZUTTOWAKAI

太田祥平@ZUTTOWAKAI

趣味は筋トレ。仕事はDX活用の事業再構築支援コンサル。Javaプログラミング能力認定試験2級取得。美容家DX事例:美容系ECブランド('17年・出店初日に楽天市場デイリー1位)【Equity調達】NTTドコモベンチャーズ('14年)【マーケ】ジャパネットたかたチラシディレクション('07年)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 【ケガしがちな方必見】筋トレ体操で手首を守るリストラップを30秒で巻く技

  2. AirTag届いた!Apple信者の筋トレ好きがAirTagをトレーニングベルトに付けてみたw

  3. 50代以降の膝を守る!ニースリーブ歴4年で知った筋トレアイテム・ニースリーブを40秒で付ける技

このサイトでの最近のコメント

    コミュニティー

    TOP