新型コロナで進んだホームジムが抱える根本的な問題

ペロトンのトレッドミル(ランニングマシン)で子どもが死亡というニュース

「通常のジムの場合、子どもがいないからこのような事故はない」と思います?

残念ながら、子どもに限らず大人でも、ペロトンに限らず他社のトレッドミルも、重大事故の危険性ははらんでいるはず。

トレッドミルの例
トレッドミルの例(ペロトンのトレッドミルではないです)https://en.wikipedia.org/wiki/Treadmill#/media/File:Exercise_Treadmill_Convey_Motion.jpg CC 表示-継承 4.0

「筋トレで追い込みまくったあと。朦朧とした状態でつまづいたりしたらトレッドミルはちょっと怖いな」と思い、有酸素運動をジムでする場合はバイクをこぐように私はしているくらいなので。

怪我をして筋トレをできなくなる→筋破壊が進むことが一番怖いんです(そこ?)。

ただ、トレッドミルに限らず「ワークアウト機器・トレーニングマシンを自宅に置く場合には子どもが触れた場合の事故をどう防ぐか」という事故防止策はとことん工夫しないといけなさそう。

「子どもに危険が及ぶ」という印象をもたれる限り、ホームジム市場が拡大をし続けることは考えられないわけですから。

スタートアップ界隈でも熱いホームジム

ちなみに、ペロトン以外でもホームジム系ではいろんなスタートアップが続々。たとえばOmni One。

Omni One のプロトタイプを使用する模様を伝える下記動画では、VRゲームだけでなくワークアウトでの活用を示唆するシーンもあります。

ちなみに、Omniシリーズを手掛けるVirtuixのサイトではペロトンとOmniを比較する訴求があったりも。

トレッドミルや可動部だらけのトレーニングマシンと比べると、Omni Oneには可動部分がないので子どもがいる家庭に設置しても安全なように見えます

トレーニングマシンの他のメーカーさんも今回の事故を反面教師として、ワークアウトを自宅でも楽しくできる環境が整って欲しいと願うばかりです。

筋トレ好き、ワークアウト好きの一人として。

最後までお読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、この下の[LINE友だち追加]を押していただけるとうれしいです。100歳でもひ孫と遊べるカラダづくりに役立つ情報を無料でお届けします。

公式アカウントを友だち追加

太田祥平@ZUTTOWAKAI

太田祥平@ZUTTOWAKAI

趣味は筋トレ。仕事はDX活用の事業再構築支援コンサル。Javaプログラミング能力認定試験2級取得。美容家DX事例:美容系ECブランド('17年・出店初日に楽天市場デイリー1位)【Equity調達】NTTドコモベンチャーズ('14年)【マーケ】ジャパネットたかたチラシディレクション('07年)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 【ケガしがちな方必見】筋トレ体操で手首を守るリストラップを30秒で巻く技

  2. AirTag届いた!Apple信者の筋トレ好きがAirTagをトレーニングベルトに付けてみたw

  3. 50代以降の膝を守る!ニースリーブ歴4年で知った筋トレアイテム・ニースリーブを40秒で付ける技

このサイトでの最近のコメント

    コミュニティー

    TOP