新型コロナ禍のステイホームがホームジムも加速させた!?

かつて、「台風直撃」「大雪」そんな日でも大混雑なのがゴールドジムでした。

この投稿をInstagramで見る

太田祥平(@egaota)がシェアした投稿

ゴールドジムのトレーニーの多くは、

「筋トレを休むとカタボリック(筋破壊)が始まるかも

…という強迫観念を抱きがちだからでしょうか。わたしもそうw

「なのに!」です。

今や平日日中はジムエリアはガラガラ。

「スポーツクラブ大手、売上高「4割減」で最終コーナーに突入」と題された記事では、ゴールドジムの競合他社さんの売上高の減少率が28%〜47%となっています。

スポーツクラブ大手:2020年4~12月期業績(単位億円、△は損失)
出典:スポーツクラブ大手、売上高「4割減」で最終コーナーに突入

ゴールドジムは記載されていませんが同様なのかもしれません。

もちろん、ハードコアな筋トレトレーニーが筋トレをやめるはずは無いはず。ハーフラック・ベンチ・可変ダンベルなどを購入してホームジムを作るきっかけを新型コロナ禍が与えてしまったのかもしれません。

多くの筋トレトレーニーは自分ひとりでコツコツ筋トレを行っています。筋トレのフォームチェックも動画自撮りでインターバル中に行えばOKという人も多いでしょう。

そうしたこともあり、新型コロナ禍のステイホームが、ホームジムも加速させたのかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、この下の[LINE友だち追加]を押していただけるとうれしいです。100歳でもひ孫と遊べるカラダづくりに役立つ情報を無料でお届けします。

公式アカウントを友だち追加

太田祥平@ZUTTOWAKAI

太田祥平@ZUTTOWAKAI

1973年長崎県南島原市生まれ。ZUTTOWAKAIチーフトレーナー。2013年ドコモ・イノベーションビレッジ第2期採択。2013年4月4日テレビ東京系『カンブリア宮殿』出演。 【趣味】食べ放題店巡り。食べ放題に通っても太らない体になるため筋トレを開始しました 【子どもの頃】隣に住む祖母が大好きでした。でも、祖母は寝たきり。「祖母が元気になると良いのに」という願いもその後、筋トレを極めるきっかけに 【大人になってから】晋遊舎・インフォレストパブリッシング等で、ヨガ誌・女性向けダイエット誌の出版編集者として勤務

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近のマガジン

  1. 2022年1月18日は一生忘れない記念日。右足に悩みを抱える70代女性のお話

  2. 筋トレで何を目指してるの?と聞かれた時の画期的な答え方

  3. 成分&パッケージ確定!筋力運動と併用で筋肉増の完全食開発記完結編

コミュニティー

TOP