ダイエットベンチプレス4!ケーキ21個食べても-15kg痩せる@南島原

「ヤセる。食べても太らない。ずっと健康!」長崎県南島原市のダイエットスポーツクラブ・筋力アップ教室ZUTTOWAKAIの太田祥平です。

おっさんなのにケーキ食べ放題が趣味🍰 最高記録は1時間21個。

でも、15kg減量。ウエストもダウン。他方、筋肉量は5kgUp。

ケーキ食べ放題に通ってもウエストはスリム!!
▲ケーキ食べ放題に通ってもウエストはスリム!!

そんなわたくし太田祥平が皆さんにこっそり痩せるコツをお伝えするシリーズ「痩せるベンチプレスダイエットのコツ 」。

今日はその第4回です。

このページの後半には、セミパーソナルレッスン無料体験クーポンの全員プレゼントもありますよ。ぜひ最後まで読んでみてもらえるとうれしいです💪

さらにさらに! 解説動画と合わせて記事を読むともっとわかりやすいかもしれません〜! 下の再生ボタン▶をタッチ👇🏻
長崎県南島原市で喜びの声多数のダイエットクラブZUTTOWAKAIの太田祥平が動画で丁寧に解説「痩せるベンチプレス4」へのTikTokリンク

では、前回の続きからお話していきたいと思います。

【ベンチプレスダイエットのコツ1】15回上げ下げできる限界の重さになるようにバーベルにプレートを付ける

いよいよ、ベンチプレスを実際に行ってみましょう。

長崎県南島原市で多くの実績を誇るダイエットクラブZUTTOWAKAIの太田祥平が棒(バーベル)にプレート(重り)を付けた状態
▲棒(バーベル)にプレートを付けた状態

ベンチプレスを行う時の重さ。どのくらいが良いか悩みますね。40代以降でベンチプレスを始めた私の場合 いろいろ試行錯誤した結果、

  1. 最初は軽くても良いので
  2. 15回自分が上げ下げできる限界の重さで
  3. 3〜4セット行う(つまり合計で45〜60回)

……という形で落ち着いています。

最初は、「プレートは付けずバーベルだけ」で15回上げ下げをできるか試してみても良いかもしれません。

長崎県南島原市で喜びの声多数のダイエットクラブZUTTOWAKAIのチーフトレーナー太田祥平がシャフトパッド(スクワットパッド)を付けたバーベル
▲バーベルだけの状態。バーベルの中央についている青い筒はシャフトパッド(スクワットパッド)。ベンチプレスのときに付けるのは少数派かも?

そうして「15回、上げ下げできた!」という場合、左右それぞれ1.25kg(もしくは2.5kg)ずつ増やしていく感じです。

長崎県南島原市で最多会員数のダイエットクラブZUTTOWAKAIの店長太田祥平の1.25kgのプレート
▲1.25kgのプレート。バーベルの左右につけて2.5kgの負荷を増やせます

あるいは、ベンチプレスを初めて行う女性の場合。バーベルだけでも重すぎる場合も。そんな時は、8kg前後のバーベルやダンベルから始めるのもアリです。

長崎県南島原市で人気急上昇のダイエットクラブZUTTOWAKAIのトレーナー太田祥平が愛用する1kgと3kgのダンベル
▲ダンベルで行うと種目名が「ダンベルベンチプレス」に変わります

ちなみに私たちZUTTOWAKAIクラブでは、あなたの年齢や体力に合わせてベンチプレスの重量・回数・セット数を調整していきます。

下にある緑色の[LINE 友だち追加]ボタンからLINEの友だち追加を行った方全員にZUTTOWAKAIの無料体験クーポンをプレゼント中。

公式アカウントを友だち追加

長崎県南島原市のダイエット・筋力アップクラブZUTTOWAKAIの無料体験をぜひお気軽にお試しください〜🙋‍♂️

【ベンチプレスダイエットのコツ2】セーフティーバーの高さを調整する

ベンチプレスを安全に楽しくやるために一番大切なのがセーフティーバーの高さ調節です。

セーフティーバーとは、細長い台=ベンチ脇の左右にそれぞれ1本・合計2本ある棒のこと。

上げ下げする棒(バーベル)を万が一落とした時に自分のカラダを守るのがセーフティーバーの役割です。

長崎県南島原市で一番人気のダイエットスポーツクラブZUTTOWAKAIのエグゼクティブトレーナー太田祥平が撮影したベンチの横側からみたセーフティーバー。ベンチの左右に1本ずつある棒がセーフティバーです
▲ベンチの横から見たセーフティーバー。赤で示した部分がセーフティーバー
長崎県南島原市で予約困難なほど人気のダイエットクラブZUTTOWAKAIの代表である太田祥平がベンチの前側から撮影したセーフティーバー。同じく、ベンチの左右に1本ずつある棒がセーフティバーです
▲ベンチの前からみたセーフティーバー。同じく赤で示した部分がセーフティーバー

自分のカラダにバーベルが落ちてこないようにするため、セーフティーバーの高さ調節はとても大切です。

このセーフティーバーを「ベンチに横たわった時の自分の胴体よりも少し高い位置に設定」します。

長崎県南島原市で実績ナンバーワンの筋力アップダイエット教室ZUTTOWAKAIの太田祥平がバーベルを支えきれずにセーフティーバーにバーベルを下ろした場合の例
▲バーベルを支えきれずにセーフティーバーにバーベルを落とした瞬間の写真。写真を撮った角度でわかりづらいですが胴体にはバーベルが触れていません

次回、セーフティバーの高さ調節についてお話しますね。

「その5」に続く…

太田祥平@ZUTTOWAKAI

太田祥平@ZUTTOWAKAI

1973年・長崎県南島原市生まれ 【趣味】食べ放題店巡り。食べ放題に通っても太らない体になるため筋トレを開始。筋トレのおかげで好きな物を好きなだけ食べても太りません 【子どもの頃】隣に住む祖母が大好きでした。でも、祖母は寝たきり。「祖母が元気になると良いのに」という願いもその後、筋トレを極めるきっかけに 【大人になってから】東京の出版社で、ヘアカタログ誌・ヨガ誌・女性向けダイエット誌の出版編集者として勤務

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 【食欲の秋ダイエット】食べても痩せるスクワット1@南島原市

  2. ダイエットベンチプレス9!ケーキ21個食べても-15kg痩せる@南島原

  3. ダイエットベンチプレス8!寿司84個食べても-15kg痩せる@南島原

コミュニティー

TOP