50代以降の膝を守る!ニースリーブ歴4年で知った筋トレアイテム・ニースリーブを40秒で付ける技

動画での解説は↑こちら↑

「筋トレ? 筋トレ体操? どちらにしろ筋トレって重い重量を扱うので膝を痛めそう」

50代や60代から筋トレを始めようとするとそう感じる方が多いかもしれません。筋トレをしない方でも、仕事や家事で重いものを持ち上げる時に膝を痛めがち。

確かに私もそうでした。実際、筋トレを始めたばかりの頃はしょっちゅう膝に痛みが。膝の痛みゆえに筋トレも休み休みになるという残念な状態でした。

ですが、膝の痛みと無縁になったのがニースリーブでした。

ニースリーブの左右セット
ニースリーブの左右セット

ニースリーブって何

ニースリーブとは膝関節を保護する目的で両膝につける超強力なサポーターのこと。

たとえば、脚の筋肉を鍛える筋トレ体操時に起きがちな以下のような事態を防ぎます。

1.立ち上がる時に膝が左右にブレる

膝が左右にブレる
本人にとって右側に膝がぶれた例

2.立ち上がる時に膝が意図せず内側に曲がる

膝が意図せず内側に曲がる
膝が意図せず内側に曲がる

すると、関節に負担がかかって膝を痛めるのです。

ですが、ニースリーブを付けると「膝のぶれ」「膝が内側へ曲がる」のを防げます。そうして、膝の怪我や痛みと無縁になるのです。

ニースリーブの付け方

1 .ニースリーブの左右と前後を確認

わたくし太田祥平が使っているニースリーブはSBDのニースリーブです。

ニースリーブの左右セット
ニースリーブの左右セット

左右の確認

ニースリーブを入手したら左右をまず確認します。付ける時に左右を間違えないように注意してください。

「left」と書かれているのが左側
「left」と書かれているのが左側
「right」と書かれているのが右側
「right」と書かれているのが右側

SBDのニースリーブの左右は、タグに「right」と書かれているのが右側。「left」と書かれているのが左側。わかりやすい!

前後の確認

SBDのニースリーブは、「SBD」とロゴが入っている部分が前側。SBDの文字が逆さにならない状態が上下です。

「SBD」とロゴが入っている部分が前
「SBD」とロゴが入っている部分が前

前後左右を確認して膝につけていきましょう。

2.ニースリーブを半分に折り込む

写真のようにまず、ニースリーブを半分に折り込んでいきます。

ニースリーブを半分に折り込むために上部から「くるくる」します。
ニースリーブを半分に折り込むために上部から「くるくる」しはじめます
半分に折り込むまでもう一息!
半分に折り込むまでもう一息!
ニースリーブを折り返して縦のサイズが半分になりました
ニースリーブを折り返して縦のサイズが半分になりました
左右両方とも折り込むとこんな感じになります
左右両方とも折り込むとこんな感じになります

3.タイツの裾を伸ばしておく

3番目の手順は筋トレ体操時にタイツを履いている方だけが必要なステップです。 タイツの裾をぎゅっと下へ引っ張ってかかとより先まで裾がいくように伸ばしておきましょう。

タイツの裾をかかとの先まで伸ばしておきます
タイツの裾をかかとの先まで伸ばしておきます

伸ばしておくのは、ニースリーブをつける時にタイツがニースリーブと一緒に上がってしまうのを防ぐためです。

4. ニースリーブを脚に通す

ニースリーブを履く時、摩擦でかなり強い抵抗があります。したがって、椅子に座ってニースリーブをつけるのが安心です。ニースリーブを脚に通す時に中腰になると腰を痛めかねないからです。

さて、いよいよニースリーブを脚に通していきましょう。タグがある側が後ろ=SBDのロゴが前になるようにします。 ニースリーブを左右の手でしっかりつかんでニースリーブを足に通してあげていきます。

ニースリーブがかかと部分を通るときは、タイツの裾を足で踏んでおくと◎ タイツがニースリーブと一緒に上へ上がらずに済みます
ニースリーブがかかと部分を通るときは、タイツの裾を足で踏んでおくと◎ タイツがニースリーブと一緒に上へ上がらずに済みます
タイツを足で押さえているのが見えますね
タイツを足で押さえているのが見えますね
ニースリーブが膝の下まで上がってきました。ニースリーブの下部がひざ下5〜6cmに届くまで上げたら OK。
ニースリーブが膝の下まで上がってきました。ニースリーブの下部がひざ下5〜6cmに届くまで上げたら OK。

あとは、折り返していたニースリーブを広げてもとの状態に伸ばします。

ニースリーブの下部がひざ下5〜6cmに届くまで上げたら OK。あとは折り返していたニースリーブを広げてもとの状態に伸ばします
圧があるので、折り返していた部分は「ペコッ」と広がります。

同じように反対側の脚にもニースリーブを通していきましょう。

まとめ 

これで左右の膝を守れるようになりました。 筋トレ体操をする時だけでなく、仕事や家事で重い荷物を持ち上げたりする人もニースリーブをつけると膝を痛めづらくなります。

膝を守るニースリーブを装着した状態
膝を守るニースリーブを装着した状態

自分の膝を守りつつ筋トレ体操や仕事・家事を行なっていきましょう(^^)

参考ページ
https://www.sbdapparel.jp/products/detail.php?product_id=5
https://youtu.be/mvIqli5R_e0

最後までお読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、この下の[LINE友だち追加]を押していただけるとうれしいです。100歳でもひ孫と遊べるカラダづくりに役立つ情報を無料でお届けします。

公式アカウントを友だち追加

太田祥平@ZUTTOWAKAI

太田祥平@ZUTTOWAKAI

趣味は筋トレ。仕事はDX活用の事業再構築支援コンサル。Javaプログラミング能力認定試験2級取得。美容家DX事例:美容系ECブランド('17年・出店初日に楽天市場デイリー1位)【Equity調達】NTTドコモベンチャーズ('14年)【マーケ】ジャパネットたかたチラシディレクション('07年)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 【ケガしがちな方必見】筋トレ体操で手首を守るリストラップを30秒で巻く技

  2. AirTag届いた!Apple信者の筋トレ好きがAirTagをトレーニングベルトに付けてみたw

  3. 50代以降の膝を守る!ニースリーブ歴4年で知った筋トレアイテム・ニースリーブを40秒で付ける技

このサイトでの最近のコメント

    コミュニティー

    TOP